PROFILE


スバル インプレッサGDA-F
2005年7月登録の新車。GDBに比べるとエンジンがショボかったりギアが5速しかなくて岡山国際なんかではあちこちで困ったりするけどそこそこのタイムは出る。
元々はこの車のブログとしてスタートしたが、今では主役の座を小鳥に譲っている

ポテコ
白文鳥のちまりと一緒に雛の状態で迎えたセキセイインコ。文鳥の鳴き声を聞く時間が長いせいか、文鳥のような鳴き方をする。性格はフレンドリーで、手乗り。

ミコミコ(2006-2013)
結婚する前から妻が飼っていた桜文鳥。妻が雛から育てたらしい。人にものすごくなついている手乗り文鳥。本名は「みこみこゴールデンサンダーバード1号」らしい。文鳥にサンダーバードもないと思うのだが、このドメインのmikomiko-gtbはここから来ている。

ちまり(2008-2015)
2008年10月下旬に雛で迎えた白文鳥。生まれたのは多分10月上旬。目つきが鋭く、なんとなくCSI:NYのマック・テイラーに似ている。ミコミコほどなついていないが、一応手乗り文鳥。



Site search

CALENDAR

2018年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

CATEGORIES

ARCHIVES

Links:

カー用品のご紹介

小鳥飼育用品のご紹介

Archive for '3:日記'

まだ生きてるよ

IMGP1224白文鳥のちまりが亡くなってから全く触れていなかった小鳥の話だが、セキセイインコのポテコはまだ元気である。ちまりと同時に雛の状態から飼い始めたので、そろそろ8年近く生きていることになる。
最近はゴーゴーペンギンに激しくプレゼントすることもなくなったので、嘴は綺麗だ。ゴーゴーペンギンに夢中の頃は常に嘴が汚れていた。
歳のせいなのか飽きたからなのかはわからないのだが、見た感じは健康上の不安は無さそうだ。
飼い始めた頃は小鳥を飼っている人の間でブログを公開するのが流行っていて、定期的に医者に連れて行くべきとかそういうことがよく言われていたが、最近はどうなのかな。他人の飼い方に興味が無くなったので飼育ブログのようなものはもう見ていないのだが、個人的には搬送や受診そのものが巨大なストレスになるので、定期健診のようなものは不要だと思っている。それで癌のようなものが見つかったところでどうしようもないしね。
子供がまだ2歳で、これぐらいの歳の幼児はセキセイインコにはとても危険なので、一度も会わせてはいない。小動物などに対する接し方がわかってくれば是非会わせたいし、また新しく文鳥も飼い始めたいと思っているが、今はやめておいた方が良いと思っている。

ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

ネトウヨの言うことにも一理ある

いつもの通りメディアを総動員して本音を隠し、ありもしないアホノミクスの成功をアピールして参議院選挙を勝ち取った安倍政権にネトウヨは大喜びだ。
mixiでもそういったネトウヨの勝ち鬨がとどろいているのだが…と言いたいところだが、彼らの言葉は左翼の人たちに向けられた罵詈雑言ばかりだった。どうもあの人たちは、家族や今の生活といった国から見れば小さいものを必死で守ろうとしている人たちが安心を取り上げられて困る様を見て喜んでいるように見える。たとえば、高校生の悪ガキがちょっと大人を困らせるために悪いことをして喜んでいるような、そんな感じだ。
でもネトウヨって大半は大人なんだよな。いったいどういう人たちなんだ…

とはいえ、彼らの中には「今回の結果は野党の頼りなさが原因だ」とか「政権批判だけで政権が取れるはずが無いじゃないか」といった指摘もあり、私もその通りだと思う。

安倍も自民党もついでに創価も嫌いな私だって中国の軍艦や軍用機に領海や領空をうろちょろされては面白くないし、北朝鮮のミサイルが定期的に領空を通過するのは嫌である。しかし、これが平和憲法を停止して解決するかというと、そんなことは無いと思っている。実際に憲法を無視した安保法が施行されたところで中国相手のスクランブルは減るどころか増えているし、北朝鮮のミサイルだって飛んでくる。その上平和憲法まで捨ててしまったら中国は余計に挑発してくるだろうし、北朝鮮のミサイルだって増えるだろう。

中国は日本が現行法では先制攻撃してくることが無いのを知っているので、鬱陶しいだけの嫌がらせしか出来ないが、日本が平和憲法を捨てて先制攻撃可能となれば何としてでも日本に先に手を出させようと、挑発が激化するだろう。
現状で中国が日本に対して先制攻撃すれば欧米から制裁を受けることになり、世界の工場となる前の経済力に戻ってしまう。しかし、日本が先に手を出せばその反撃には国際社会も一定の理解を示さざるを得ないわけで、結局のところ先に手を出した方が負けなのである。平和憲法を捨てて中国に「挑発すれば先に手を出してくれるかも」と期待させるのは愚かというものである。
よく「9条は守ってくれない」などというネトウヨがいるが、実際には結構守ってくれているのである。

そして北朝鮮だが、こちらは純粋に日本への怯えからミサイルが増えると思う。
今はアメリカと交渉するためのアメリカ大陸に届く長距離弾道ミサイルの開発に集中できたのだが、日本が平和憲法を捨てればいつでも北朝鮮に爆撃機を飛ばすことが出来るのである。北朝鮮の首脳陣はたまったものではないだろうね。
日本など相手にしていない危険な国家をわざわざこちらに振り向かせようというのだから、これもまた愚かと言う他は無い。
相手にされていないのにわざわざ挑発して振り向かせたといえば、安倍はISを挑発して日本人を殺させたりもしていたね。

なので、野党は選挙で政権批判と同時に対案をしっかり示せばよかったのである。
中国や北朝鮮が日本に対して面白くないことをしてくる背景や、平和憲法を捨てることがかえって危険な事態を招くことを説明しつつ、代わりにどうすべきかを出せばよかったのである。

たとえば中国の場合だと、オフショアとかで中国相手に仕事をした人ならわかるかもしれないが、対外的に仕事をする人たちは普通の人たちで、外国と友好関係に無ければ拙いことになることを理解している。安倍政権のような嘘八百で国威発揚を狙うのは中国共産党なのである。つまり、敵は中国共産党である。
中国共産党はインターネットを遮断するなど、国民が政府の嘘に気付き難いようにしているが、それだって100%ではない。また、日本には毎年たくさんの中国人が観光に来る。彼らのマナーの悪さがたびたび報じられるが、中国の一般人が日本に来たというのはチャンスなのである。マナーの悪さには少々目を瞑って彼らに親切にすれば良い。そうすれば来日した中国人は中国共産党に吹き込まれた鬼畜の日本像が嘘であると知るだろう。マナーが悪くても来日する中国人は国内でそこそこ稼ぐインテリたちなのだ。彼らに中国共産党が嘘吐きであることを刷り込んで帰ってもらえば良いのである。そして、帰国した彼らはビックカメラとかで買った炊飯器などの日本製品(と言っても作っているのは中国だが…)を手土産に内陸部の実家へ行って日本のことを話だろう。うまくやればそうやって中国共産党が嘘吐きであることに多くの中国人が気付くことになる。
気付いただけでは怖い政府相手にどうしようもないかもしれないが、日本人の10倍もいる人民は味方にした方が良いし、政府はそういったまともな中国人への啓蒙をバックアップすべきだと思う。
中国共産党が戦後処理がまだなので謝って金を払えと言ってきたら、そうしてやれば良い。その時「全員に謝って金を手渡ししたいのでリストをくれ」とか「中国共産党を窓口にすると金が被害者に行き渡るか不安だ。安心して金を払える窓口の条件として、まずは民主化していただきたい」とでも要求すれば良い。とにかく、国際的にうけが良いが中国共産党は嫌がるような要求を突きつければ良い。
国際的には日本は反省して金を払うと言っているのに中国共産党が阻害しているということになるだろう。中国人民にとっても、日本人が金をくれるのに政府が邪魔をするということになり、日本はローコストで対外的に良い顔が出来て中国共産党にもダメージを与えることが出来る。
だいたいほら、安倍って口先だけのヤルヤル詐欺がお得意ではないか。これなんかまさに1銭も払う気が無いのに対外的に良い顔が出来るビッグチャンスではないか。それとも嘘は国民相手にしかつけないとでも?

野党の頭のいい人なら私なんかよりもっと良いことを思いつくだろうから、政権批判だけじゃなく「野党ならこうする」としっかり対案を出せばよかったのである。それ無しではなんだか不穏な動きを見せる中国や北朝鮮を放置するつもりだと取られても仕方がない。まさかとは思うが、野党だって中国や北朝鮮の不穏な行動を放置するつもりは無いんだろ?
その点ではネトウヨの見解は正しい。

ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

日本共産党には入らないよ

もういい加減にしてもらいたい安倍政権だが、そう思っている人は多いようだ。
職場などでは誰も口にしないが、私が勤める業種だといまだに多重請負が当たり前で、大企業のプロパーは少しは羽振りが良いようだが、毎月200時間以上働く一般の労働者には何も良いことは無い。仕事が増えても単価は下がるのだから収入は増えない。
まさに貧乏暇無しである。ほんと、マジ休めよ日本人

自民は嫌いだけど民主党政権で自民じゃない政権は懲りたなんていう無党派層の受け皿として脚光を浴びているのが日本共産党だ。
最近では他の野党と共闘して小選挙区の1人だけのところから自民を追い出そうとしているようだ。でもそれに成功しちゃうと、今度は有権者の25%ぐらいはいる自民党の支持者の声は国会でゼロになってしまうわけで、それはそれでよろしくないと思う。安倍政権がこれだけ好き放題やったのだから当然という向きもあろうかと思うが、それではやっていることが自民と同じではないか。それはいけない。どんな残念な考え方の党でも国民のある程度の割合でそういう人がいるならゼロでは駄目だ。
そういう意味で、私は国の選挙は比例だけで良いと思う。地方にしっかり権限があれば、特定の県がアメリカ軍の基地や核廃棄物を押し付けられることはないだろうし、そもそも今の小選挙区制は最高裁も憲法違反だと言っている。
それはともかく、今の政治が駄目なことは一部の自民でウハウハな人以外にはわかっていて、共産党が自民やそっから出てきた党に絶望している人たちの注目を集めているらしい。

というわけで、駅前で消費税廃止の署名活動をしていた共産党員と喋ってみた。
経済関連であの人たちの目指しているのは次のようなことらしい。
・消費税は廃止
・財源として物品税を復活
なのだそうだ。

確かに消費税だけガンガン上げられると庶民にとっては迷惑この上ないのだが、世帯あたりで一般的に掛かる生活費に対する消費税額を一律給付すれば丸く収まるのである。
国が出している消費支出がどれほど実態に合っているのかわからないが、とりあえず最近は298,520円のようだ。たとえばその半分あればとりあえず健康で文化的に生きれるとして、149,260円に対する消費税を無税にする。つまり、11,056円(8%の場合)を世帯ごとに一律給付するのである。まあこれだと毎月になるから面倒なので、子供手当てみたいに1年に3回とかでも良いし、1年に1回でも良い。重要なのは先払いにするべきということだ。特に貧困層はそもそもレジで払える金が少ないので、先払いでないとそもそも消費できない。
定額だと面倒な事務も最小限で済むし、消費税を20%とかまで上げたって貧困層も困らない。ただ、贅沢はしにくくなるので富裕層は嫌がるかな。

そして物品税。これは私は軽減税率に並んで嫌なやり方だ。
たとえば、年収200万円という裕福ではないが貧困とも言えないような二人の若者がいるとする。
一人は贅沢品を何一つ買わず年間200万円使って暮らしている。そしてもう一人は衣食住全てを100万円に抑え、100万円の宝飾時計を買ったとする。しかし宝飾時計は贅沢品なので、100万円のうち50万円が物品税だった。
二人とも200万円で暮らしているのに、一人は50万円も税金を払っているのである。これが物品税のやり方。
消費税だけの場合だとこの二人はどちらも145,148円の税金を払いつつ1,851,852円(8%の場合・端数は適当)の買い物をすることになる。消費の内容については国の知ったことではない。ひもじい思いをしながら宝飾時計のようなものを手にしても良いし、常に満腹でも良い。そんなのは個人の自由だ。

物品税にしろ軽減税率にしろ、共通しているのは何が贅沢なのかということを国がいちいち決めるのである。価値観の多様化している現代でそんな時代錯誤の税の取り方があるかと思う。
共産党が物品税を目指しているということは、要するに何が贅沢なのかを自分たちが決めたいということである。そんなことを考える人たちを私は信用できないし、何が贅沢かを自身で決めるのは絶対に譲れないところだ。
だから、私は共産党から勧誘は受けているけど、入党することは考えられない。

余談になるが、軽減税率を目指す創価の人たちは贅沢なものを食べている人が多いのかな?なんて疑問もぶつけてみたが、意味がわからないようだった。
たとえば軽減税率が導入されて消費税が10%に引き上げられたとする。1万円で蟹を食べた人も業務スーパーで買ったゴミのような100円分の食品で食事を済ませた人も「食品」ということでどちらも消費税は8%だ。しかし、本来支払うべき消費税は蟹が1,000円、ゴミは10円だ。それはつまり、蟹の人は200円、ゴミ食った人は2円の減税を受けることになるのだが、蟹の人は198円も余分に減税されているのである。しかもこれは「その分税収が減る」ではなく「何かを財源にして減税する」のである。それが蟹を食うような人だけが負担している税金からだと良いが、そうはなるまい。結局高い食材を買う人への減税分を大多数の庶民で負担するハメになるのである。

ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

ヘッドライトを磨いてみた

11年近く乗っていると、クルマのプラスチックレンズはこのようになる。
IMG_1757 とは言っても、こうなるのはヘッドライトだけで、テールライトは曇ったりしていないし黄ばんでもいない。同じフロント側でも滅多に点灯しないフォグランプのレンズは透明のままだ。ヘッドライトだけこうなるのは点灯で高温になる時間が長いからかもしれない。
ヘッドライトが曇ってさらに黄ばみまで顕著になると、急激に見た目が古いクルマになってしまう。つまり、これが透明だと古いクルマを意識させないのかもしれない。
というわけで、磨いてみた。
IMG_1759 これをセルフでやると必ずやりたくなる「片側だけ磨いた状態の撮影」だ。サンデーメカニックの私が初めてトライしてこれだけ綺麗になるのだから、洗車が趣味みたいな人だと新車みたいになると思う。
私はたまたまマジック式のランダムオービタルサンダを持っていたので、それにスポンジパッドを貼ってコンパウンドで作業した。ヘッドライトは結構な面積なので、人力でガシガシやるなんてジョークだ。私にはそんな力も根気も無い。
IMG_1765 ミクロの傷すら無い新車と比べるとアレだが、古臭い感じはかなり払拭できたのではないかと。






ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

久しぶりにドライだったけどタイムが変わらない…

岡山国際サーキットで開催されたオートプロデュース エースリー走行会に参加していた。
この走行会は毎年2回開催されるが、前回とその前は残念ながらウェット。今回も気象情報では午前中の降水確率が10%、午後は70%に跳ね上がるというものだったが、有難い事に3本ともドライで走ることが出来た。後片付けの途中で降り出すというタイミングだったので、オイル処理とかで走行時間が押してしまうと危ないところだった。

ただ、残念なこともある。
岡山国際サーキットはレースイベントなどが無くても入場料が必要なのだが、大人が600円だったのが今年の1月から1,000円に大幅値上げされたのである。これは酷い。
JAF会員証やイオンカードの提示で100円の割引を受けることが出来るが、ここまでの大幅値上げというのは何なんだろうね。車離れというか国による若者の車からの引き剥がしというかのおかげで入場者数が減っているのだろうか。だからと言って、岡山国際サーキットの経営陣は税収確保のために消費税を大幅値上げしたら消費が冷え込んで期待したほど税収は上がらなかったことを知らないのだろうか。それとも煙草のようにクルマ中毒者は少々値上げされてもここへ走りに来るしかないんだろ?とか思っているのだろうか。もしそうなら、大阪から現実的に日帰りで行けるサーキットはセントラルサーキットや鈴鹿サーキットもあることを思い出した方が良い。鈴鹿は走行料金がとても高いが、岡山国際が変に値上げすると走行料金が上がっても鈴鹿でええやんってことになるかもよ?大阪からだと鈴鹿は名阪国道が使えるので道中の通行料が安くつくという参加者のメリットもあるわけだし。

ともかく、岡山国際サーキットを走ってきたので、2本目のベストラップでも。

前回からカメラをコンデジからPolaroid CUBEに変更している。CUBEはGoProみたいな使い方をするアクションカメラだが、GoProより安い。底面に強力な磁石が埋め込んであるので、特別なマウントが無くてもクルマのボディパネルなどに貼り付けて使うことも出来る。
この動画の場合は、車内で水平に貼り付けられる場所が無いので雲台に取り付けるマウントを使っている。

ベストラップは3本目で出たのだが、3本目はCUBEが64GBのカードを認識してくれなかったので、ドラレコの画像で。

CUBEの現行モデルなら認識するかもしれないが、昨年秋に現行だったモデルでは32GBまでしか認識しないようだ。
タイムは相変わらず1’56秒台で、55秒には入れなかった。カーブの曲がり方が自分なりに固定化されてしまって、同じようにしか走れなくなってしまっているのかもしれない。毎月のようにサーキットを走れれば良いが、そんなには給料を貰ってないしな…

ところで、2本目の走行前にピットロードで整列している時の放送で「1本目でホワイトラインカットしている人が見受けられたので注意してください」と言っているのに、目の前でホワイトラインカットしている人がいた。まだ誰も走っていない状況でのコースインだから良いと思ったのか、レースじゃないんだからなどと思っていたのか、他に何か思いがあったのか…とにかく不愉快なのでそういうルール無視はやめてもらいたい。



ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ