PROFILE


スバル インプレッサGDA-F
2005年7月登録の新車。GDBに比べるとエンジンがショボかったりギアが5速しかなくて岡山国際なんかではあちこちで困ったりするけどそこそこのタイムは出る。
元々はこの車のブログとしてスタートしたが、今では主役の座を小鳥に譲っている

ポテコ
白文鳥のちまりと一緒に雛の状態で迎えたセキセイインコ。文鳥の鳴き声を聞く時間が長いせいか、文鳥のような鳴き方をする。性格はフレンドリーで、手乗り。

ミコミコ(2006-2013)
結婚する前から妻が飼っていた桜文鳥。妻が雛から育てたらしい。人にものすごくなついている手乗り文鳥。本名は「みこみこゴールデンサンダーバード1号」らしい。文鳥にサンダーバードもないと思うのだが、このドメインのmikomiko-gtbはここから来ている。

ちまり(2008-2015)
2008年10月下旬に雛で迎えた白文鳥。生まれたのは多分10月上旬。目つきが鋭く、なんとなくCSI:NYのマック・テイラーに似ている。ミコミコほどなついていないが、一応手乗り文鳥。



Site search

CALENDAR

2018年5月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

CATEGORIES

ARCHIVES

Links:

カー用品のご紹介

小鳥飼育用品のご紹介

Archive for '1:クルマ生活'

税制がいろいろ問題あってボーナス出てもぜんぜん喜べませんね

なんだかわからないが、大作党が推す軽減税率って要するにデパートや成城石井で高い食べ物を買う富裕層は、業務スーパーやスーパー玉出でゴミみたいな食品を買わざるを得ない貧困層よりたっぷり減税されるということでしょ?
たとえば、同じ家族構成の富裕層と貧困層がいたとして、ある日富裕層は1万円分の蟹とその他鍋材料を、貧困層は500円分の中国産食品をそれぞれ家族の1食分として購入したとすると、富裕層は800円、貧困層は40円の消費税を払うことになるのだが、10%からの減税額は富裕層が200円、貧困層は10円で、190円も余分に減税されるのである。大変不公平という他はない。
もしかして、大作教の人たちには富裕層が多いのか?
これを是正するのは、定額減税で片が付く。
たとえば日本で1年間暮らす標準的な衣食住の合計が200万円とすると、その消費税は10%で20万円だ。これを8%に抑えるなら、4万円を先払いで返せば良い。事務作業が面倒なので、もう富裕層も貧困層も全てである。本当は最低限の生活から消費税を撤廃した方が良いので、そっくり20万円を返した方が良いのだが、その辺は別の話だ。
そのための財源は?ということになるだろうが、その分を見込んだ消費税率にすれば良いだけのことである。10%とケチなことを言わずに15%にするとかね。返す分は200万円のケースだと14万円(消費税全額だと30万円)になるが、最低限以上の生活水準の世帯からは200万円を越えた消費に対して15%の消費税を取れる。その辺のバランスで必要な消費税額が取れるように税率を調整すれば、貧困層に迷惑を掛けずに増税ができるのである。
細かいことを言えば、ホームレスのように減税する先がわからないような世帯(?)はどうするの?とかあるが、細かいことは偉い人がつめれば良いだろう。
とにかく、庶民に迷惑を掛けずに贅沢に対してのみ効率的に増税する方法はあるのであり、それで面白くないのは富裕層だけであるということだ。自民も創価も同じ考えというわけだ。

自動車関連でもエコカー減税絡みでおかしなことになっている。
前のモデルより著しく低公害にできた車種は大幅減税らしいのだが、対象にランクルのような巨大なクルマまで入っている。言うまでも無いことだが、ランクルが私のWRXより燃費が良くなることなど無い。排気量も車重も大きいのだから当然の事で、同じように私のWRXがリッターカーのNA車より燃費が良くなることも無い。ランクルとWRXのケースと同じ理由からだ。
エコに対して税金を調整したいなら、絶対的なエコでやる以外に無くて、その方法はある。燃料課税への一本化だ。

    ・でかいクルマでも平日は車庫のオブジェと化しているような場合は低公害なので微税
    ・最新技術で作られたエコカーでもたくさん走れば高公害なので重税
    ・最新技術で作られたエコカーで休日にちょっと使うだけなら超微税
といった公平な課税が可能だ。
mixiに書くと自動車関連税はそれぞれ課税根拠が違うので無理などと噛み付いてきた人がいるが、現在の自動車の所有の前提そのものが自動車税や重量税ができた頃と全く異なるので、そろそろリセットが必要な時期だと思われる。
自動車税や重量税ができた頃は、自家用車を持つのは一部の富裕層だけで、しかも道路はまだ国道1号線のような日本の大動脈ですら未舗装の区間が殆どといった状況で、クルマを買える富裕層にちょっと無理してお金出してくださいというのは正しいことだったのは間違いない。しかし、現在はそうでもない。クルマの入手一つにしても、アルバイト店員の給料1か月分もしない金額で買える中古車だってあり、鉄道やバスの整備を諦めた地区に住むどうしてもクルマが必要な人はそういった安く売られている中古車を買う。そういったケースと都心で高級車の新車を乗り回す人に対して排気量と重量だけで同じ課税をしても良いわけがない。担税力を見出すのにそのクルマの排気量と重量は全く根拠にならない。財務省の官僚には1,499ccのクルマを持つ人と1,600ccのクルマを持つ人の担税力の違いを説明できるのか?ちなみに想定しているのは2011年式のインプレッサ1.5と同年フルモデルチェンジ後のインプレッサ1.6である。販売価格は勿論そんなに変わらない。買った時期以外には違いがないといってもほぼ間違いない。
取った税金の配分先がそれぞれ違うということならご心配なく。燃料課税への一本化の時に現在と同じぐらいの額を取れるような課税をして、さらに現在の割合を変えずに配分すれば良いだけの話である。
それで困るのは、一般人では税金の安さだけで軽自動車を買った人ぐらいだろう。そういった人も税金のために衝突安全性が欧米では売らせてもらえないレベルで犠牲になっている車種を選ぶ必要がなくなるわけだ。そして、たいていの人は燃料の年間消費量そのものが少ないので、燃料課税が倍になったところでたいして変わらない。
そして、最も困るのは緑ナンバーのクルマである。自動車税も重量税もサンデードライバーを舐めてるのかと思うぐらい微税になっているのだが、それで上げた利益は企業荷主への廉売や交通安全協会へのお布施に消えていくだけで、一般人が宅配便を使えば料金は高いし、タクシーやバスの料金だって安くはない。緑ナンバーへの不当な微税とサンデードライバーへの不当な重税に我慢したところで何のメリットも無いのである。すぐに変えさせるべきだが、自民や創価にそれは無理だろう。

なんだかもう、お先真っ暗な日本である。

ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

MTオイルが漏れてるみたい…

走行会の日も近付いてきたので、ローターとオイル3点セットを交換しようと思ったのだが、MTのドレンがついにでかいレンチでも緩まなくなった。しかも漏れている。
大阪スバル狭山店の偽メカニックにホイールナットに使うレンチと同じ長さのレンチでも緩まないぐらい強く締められてから、規定トルクで締めると走行の振動で勝手に緩んで漏れるような状態になっていたので、仕方なく彼自慢の糞長いレンチをさらに超えるような、本来足回りぐらいにしか出番が無いような巨大レンチを使って締めていて、いつかこうなるだろうとは思っていたが、ついに漏れた状態のまま緩まなくなってしまった。
漏れの状態からはそれほど休息に漏れてはいないようなのだが、エンザートとか検討した方がいいかもね。大阪スバル狭山店とはもう口も聞きたくないので、弁償を求めたりはせず、自腹で修理するけどね。
大阪スバル狭山店は、クルマを買うだけなら好きにすればいいと思うが、整備を頼むと偽メカニックに壊されるリスクを覚悟する必要がある。私がその店でレガシィRSKを買った頃は、鋼鉄の整備士陣とも呼べるとても信頼できる整備士の方々が、持ち込まれたお客のクルマをパーフェクトな状態に保っておられたのだが、トヨタが入ってきてからかな、売った後の面倒見がおかしくなってしまったのは。

それはともかく、ドレンのほかにもなんだか怪しいことになっている。
IMG_0641 右のドライブシャフト周りがえらくしっとりしている。何とかしないと漏れが本格化するのは時間の問題というか、そんな感じかな。
右前はハブも駄目になりつつあるので、そのついでになんとかしてもらおうかな。それよりもタイミングベルトの交換時期が迫っている。ボーナスの出る会社に転職してやっとまともな額のボーナスが出ると期待している妻に何て説明したらいいだろう…

IMG_0648 最近はこれも自前でやる。液体ガスケットだと漏れの心配は無いが、古いのを除去するのが面倒だ。とは言っても、テープだと強く締めないと漏れるから、何度かやってるとケースが割れるんだよね。
デフなんてケースも含めて消耗品だと言う人でなければ液体ガスケットを使ったほうがいいと思う。ケースは蓋だけでも部品を取れるが、結構高い。

ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

ギアオイル

走行会の日が近付いてきたので、オイル3点セット(エンジン・MT・デフ)の交換のためにオイルを注文。
最近ではスポーツ走行へ出かける回数も年間走行距離も減っているので、オイル交換は走行会前のみだ。
オイルは一度熱が入ると云々とか言って、走行会の途中で油温度が120℃かそこらになっただけで残りの枠を放棄して走行をやめてしまう人もいるが、チューンドエンジンとかだとそういうものなのかな。私のクルマはプローバさんのECUが付いているが、その程度だ。油温が少々上がったことを理由に走行を放棄したことは無いが、エンジンは9万km以上無交換だ。
IMG_0507 エンジンオイルはともかく、最近ではギアオイルが手に入りにくくなった。以前はどこのネットショップでも1リットル入りの缶を1つから売ってくれたが、最近だと私が買うようなランクのものはペールかケースでしか売られていない。お金があればオメガ690で決まりで、それなら1リットルボトルを1本から売られているが、それだったらいつものショップで買った方が良い。自民党のおかげさまでオメガが変えるほど稼がしてもらっていないので、そこそこのランクの安物と言うことになるのである。そして、最近では需要そのものが減っているのか、ペールかケースだったり、以前使っていたelfは一般向けのトランスエルフをやめてしまい、オメガと同じぐらいする高いオイルだけになってしまった。

というわけで、今回はTOTALである。前回はBPのものすごく安いのを使ったが、走行後にすぐ交換しないと我慢ならないほど操作感が渋くなるので、トランスエルフと同じぐらいのものをということにしたのである。
デフは前回もTOTALだが、今回はMTもTOTALだ。ラベルにはFR用などと書いてあるが、TOTALのサイトには4WD車のM/T(LSD搭載車を除く)とも書いてあるので、問題は無い。…と思う。

ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

走行会の朝、現地でオイル交換してたり…

日経平均が2万円超えたと思ったら急落して、相変わらずジェットコースターな値動きの株価だが、安倍が言うところの景気回復の根拠はこの不安定極まりない株価だけである。実際には儲かっているのは輸出企業だけで、材料や部品を輸入しなければならない下請け孫請けなんかは円安誘導による損失をトヨタのような企業には被ってもらえない。トヨタがぼろ儲けしているから景気回復なんて浮かれてる人は、国全体で見れば為替で損も得もしないのに何故輸出企業がぼろ儲けできるのか考えてみるべきだ。
一般の国民も消費するものの多くは輸入に頼っているのだが、こちらはトヨタみたいに輸入価格の上昇分の価格転嫁を拒否とかできず、いい様に値上げされている。燃料だって空前の原油安になっていたのに、アホノミクスの円安誘導で余りやすくならず、ガソリンはそれほど下がらなかったし、原油高が根拠で値上げしたはずのタイヤの価格も下がらない。タイヤメーカーは原油高が落ち着いた頃には新車の売れ行きがよくないので、補修用タイヤで儲けを確保する必要があるみたいなことを言って下げなかったのだが、今は新車の売れ行きは良くなってるんじゃないの?
あと、気に入らない言い回しに「株価2万円を回復」みたいなのがある。回復というのは、損失の状態が元に戻ることを言うはずなのだが、株価なんてその時の価格が適正価格だ。なので、1万円になっていた株価が2万円に上がったというのが正しいと思う。元々2万円のはずのものが1万円になっていたわけじゃない。株価が1万円の時の企業の価値は、やっぱり1万円だったんじゃないかね。なんか「日本を取り戻す」に似ているね。取り戻すったって、べつに日本が何者かに奪われた状態にあるわけじゃなかった認識なんだが、安倍はいったい何から誰の手に日本を取り戻すつもりだったんだろうね。

さて、燃料もガソリンも高いが、5/4はいつものショップが開催した走行会に参加していた。最近はミニサーキットへ行かなくなったので、サーキット走行といえば1年に2回開催されるこの走行会だけである。
IMG_1270 岡山国際サーキットに着いていきなりオイル交換である。しかもエンジン、ギアボックス、デフの3点セット。
実はゴールデンウィーク前にスバルでやってもらおうとしたのだが、ゴールデンウィーク直前ということでピットがいっぱいの状態で、断られたのである。仕方が無いので自分でやることにしたのだが、当日まで時間が取れず、早めの時間に到着して現地でということになった。
IMG_1272 エンジンオイルはそこそこいい値段の5W50を使ったが、ギアボックスとデフは安物だ。とは言ってもデフにはなるべく効いて欲しいので、75W140を使用。

今回はオイル交換とかしていたのと、チャイルドシートが付けっぱなしだったのとで、やたらと荷物が多くなった。
IMG_1275 写真に写っているものの他にオイルのバットやらデフオイルを交換するポンプなんかがある。これだけあると片付けも面倒だ。
ちなみに私の子供は1歳と4ヶ月ぐらいなのだが、まだインプレッサで困ったことは無い。結婚前は「結婚するとそのクルマじゃ駄目」みたいなことを言われながら結婚し、次は「子供ができたらそれじゃ苦労するよ」と言われ、さらに「ちょっと大きくなったら乗れなくなるから」と言われながら16ヶ月。いったいいつになったら困るんでしょうね。:p

さて、肝心の走りだが、自己ベストから1秒遅れとなってしまった。マシンの調子は悪くなかったのだが、コーナーへの突っ込みの際のギアを変えるなど、いろいろ試しているうちに走行終了。なんだか不完全燃焼だ。


お約束のタコ踊り。(今回スピンは無し)



ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

走行会とか

結構長く更新していなかったのだが、その間株価やドルが急落したりして、何か書こうと思っている間にまた急激に上がって、短期間に1,500円超の値幅である。なんかもう滅茶苦茶なわけだが、さらに下がった時の理由が「アメリカにエボラ出血熱の患者が」ということで、そんな理由でドルが急落したり日本では内需株まで大きく下げたりする理由は思い付かないのだが、私が知らないだけで他に大きな理由があるんじゃないかと思う。だってほら、エボラ熱が原因なら医療関連の株まで一緒に下がったりしないわけで、防護服のメーカーなどほんの一部の銘柄が上がっただけなのは何故だ?
何より、国際線の飛行機は普通に飛んでいるし、航空会社の株価が他の業種に比べて大きく下げたということも無い。実際のところはエボラ熱ってそんなに猛威を振るっているの?と思うんだけど、どんなものだろう。どこまで本当なのかわからないけど、こんな話だってある。にわかに信じ難いけど、動機としては十分だ。

さて、10月といえばいつものショップの走行会なのだが、このブログの更新が滞っていることからもおわかr頂ける通り、今月はものすごく多忙だったのである。気がつけばいつの間にか走行会1週間前になっていて、さすがに今回はセルフ作業を諦めてスバルでやってもらった。
IMG_0399 MTのオイル交換はちょっと高いが、エンジンオイルとデフオイルは毎回お願いしようかと思うぐらい安い。特にデフはドレンボルトからシール剤を剥がすのが面倒なのだが、これを任せてたった1,000円なんて、スバルはいったいどんなマジックを使っているんだ?
ちなみに、シールテープだとお手軽ではあるが、かなり深く締めないと漏れるので、デフケースの蓋が割れるリスクがある。実際私のデフケースも蓋を一度交換している。面倒だがスリーボンドを使うのが良いだろう。

で、18日に走ってきたのだが、フロントサスペンションがO/H済みでアライメントもリアにまでキャンバーを付けて臨んだにも拘らず、自己ベストタイムに6/100秒及ばない。この辺に自分の壁があるようなのだが、何が足りないのか…

今回はボディパネルに直接雲台を取り付けたんだけど、カメラが壊れるかと思うぐらい振動している。手振れ補正など完全に無効なので、次回は何か対策を考えておかないと。

ところで、私の子供は現在10ヶ月なのだが、いまだに自家用車がWRXで困ったことは無い。周囲からは「結婚したらそのクルマじゃ不便だよ」と言われていたが、全く不自由はなく、妻が妊娠すれば当然のように「子供が生まれたらそのクルマじゃ不便だよ」と言われていた。そして10ヶ月だが、このクルマじゃ駄目だというシーンは一度も訪れない。三度目の正直と言わんばかりに「子供が少し大きくなったらそのクルマじゃ荷物を積めないよ」なんて言われているが、私はおそらくそれも幻想では無いかと思っている。
現在WRXに家族3人で乗り込むと運転席と後席が人で埋まるが、トランクと助手席、チャイルドシートを取り付けている席のレッグスペースが空いている。買物に行ってもその空きスペースで足りなくなることはなく、今後足りなくなる理由も思いつかない。私にWRXじゃ子育てできないなどと言う人は自家用車にいったい何を積んでいるんだ?まさか、それだけスペースを重視する人たちがクルマの中に常に置きっ放しにしている物とか無いよね?クルマは走る倉庫ではないし、余計なものを積むのはそれだけで燃料の無駄だ。

ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ