PROFILE


スバル インプレッサGDA-F
2005年7月登録の新車。GDBに比べるとエンジンがショボかったりギアが5速しかなくて岡山国際なんかではあちこちで困ったりするけどそこそこのタイムは出る。
元々はこの車のブログとしてスタートしたが、今では主役の座を小鳥に譲っている

ポテコ
白文鳥のちまりと一緒に雛の状態で迎えたセキセイインコ。文鳥の鳴き声を聞く時間が長いせいか、文鳥のような鳴き方をする。性格はフレンドリーで、手乗り。

ミコミコ(2006-2013)
結婚する前から妻が飼っていた桜文鳥。妻が雛から育てたらしい。人にものすごくなついている手乗り文鳥。本名は「みこみこゴールデンサンダーバード1号」らしい。文鳥にサンダーバードもないと思うのだが、このドメインのmikomiko-gtbはここから来ている。

ちまり(2008-2015)
2008年10月下旬に雛で迎えた白文鳥。生まれたのは多分10月上旬。目つきが鋭く、なんとなくCSI:NYのマック・テイラーに似ている。ミコミコほどなついていないが、一応手乗り文鳥。



Site search

CALENDAR

2018年5月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

CATEGORIES

ARCHIVES

Links:

カー用品のご紹介

小鳥飼育用品のご紹介

マタニティマークやら赤ちゃんが乗ってますとか

妻が妊娠したこともあり、マタニティマークやら赤ちゃんが乗ってますみたいなクルマの装飾品について調べてみた。

これについては個人的に良い印象を持っていなくて、それは掲示の仕方が後続車に対して行なわれているためで、精密な工業機械なんかを輸送中のトラックに「高価精密品輸送中」と掲示しているのと同じ意味だと思っていたからだ。
ところがこれ、赤ちゃんや妊娠を後続車に自慢するためのものではなく、事故で乗車中の大人が全員意識が無い場合に、車内に赤ちゃんや妊婦がいることをレスキューに知らせるものだったらしい。
赤ちゃんは事故の衝撃でぱっと見でわからないところ、たとえば前席の下などに入り込んで、レスキューが存在に気付いていない可能性があるし、妊婦の場合は時期や体格から外見ではそうとわからない場合があり、そういった場合に妊婦への使用が禁忌になっている薬品などをうっかり使ってしまうと後が面倒だ。そういった乗員がいることをレスキューに伝えるために、事故車の外から見える所に掲示するのである。

掲示にはそういう背景があるので、そういう人が乗っていない時には剥がさなければならない。また、掲示する場所もそういう人が乗っているドアの窓にするべきだ。
特に赤ちゃん云々のものは、赤ちゃんをチャイルドシートに座らせたその手でドアの窓に張ると、赤ちゃんをクルマから降ろす時にはがすのを忘れない。

助手席や運転席で乳幼児を膝に乗せている人は、「赤ちゃんが乗っています」ではなく、「赤ちゃんが乗っていました」とでも掲示すると良いだろう。そういう子供は車外放出されている可能性が高いので、クルマの中ではなく、事故車の外を捜索する必要があるからだ。



ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

Comments

Comment from ひじき
Time 2013年5月31日 at 5:21 PM

妊娠おめでとうございます。

あのチャイルドマーク(?)の意味は知っておりましたが、最近では「赤ちゃんがノリノリです!」とか言うジョークを混ぜたものがあります。そういうのはちょっとな…と自分はなります。


妊婦さんにとって、MT車やチューニングカーの振動はあまりよくないらしいのでご注意を。特に足廻り固めている場合は!

Comment from うみうみ@管理人
Time 2013年5月31日 at 7:35 PM

有難うございます。
あのマークについては、日本では既に本来の使い方をしている人がいないのではないかと思うような状況ですね。
「俺がノッてます」とか、もうアホかと…

妊娠中の妻や生後間もない子供は余程のことがないと乗せないようにしています。
特に新生児は首も固まっていないので、優しく運転してもそれなりにGの掛かる自動車での移動は避けるべきですね。

Write a comment




*