PROFILE


スバル インプレッサGDA-F
2005年7月登録の新車。GDBに比べるとエンジンがショボかったりギアが5速しかなくて岡山国際なんかではあちこちで困ったりするけどそこそこのタイムは出る。
元々はこの車のブログとしてスタートしたが、今では主役の座を小鳥に譲っている

ポテコ
白文鳥のちまりと一緒に雛の状態で迎えたセキセイインコ。文鳥の鳴き声を聞く時間が長いせいか、文鳥のような鳴き方をする。性格はフレンドリーで、手乗り。

ミコミコ(2006-2013)
結婚する前から妻が飼っていた桜文鳥。妻が雛から育てたらしい。人にものすごくなついている手乗り文鳥。本名は「みこみこゴールデンサンダーバード1号」らしい。文鳥にサンダーバードもないと思うのだが、このドメインのmikomiko-gtbはここから来ている。

ちまり(2008-2015)
2008年10月下旬に雛で迎えた白文鳥。生まれたのは多分10月上旬。目つきが鋭く、なんとなくCSI:NYのマック・テイラーに似ている。ミコミコほどなついていないが、一応手乗り文鳥。



Site search

CALENDAR

2018年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

CATEGORIES

ARCHIVES

Links:

カー用品のご紹介

小鳥飼育用品のご紹介

久しぶりにドライだったけどタイムが変わらない…

岡山国際サーキットで開催されたオートプロデュース エースリー走行会に参加していた。
この走行会は毎年2回開催されるが、前回とその前は残念ながらウェット。今回も気象情報では午前中の降水確率が10%、午後は70%に跳ね上がるというものだったが、有難い事に3本ともドライで走ることが出来た。後片付けの途中で降り出すというタイミングだったので、オイル処理とかで走行時間が押してしまうと危ないところだった。

ただ、残念なこともある。
岡山国際サーキットはレースイベントなどが無くても入場料が必要なのだが、大人が600円だったのが今年の1月から1,000円に大幅値上げされたのである。これは酷い。
JAF会員証やイオンカードの提示で100円の割引を受けることが出来るが、ここまでの大幅値上げというのは何なんだろうね。車離れというか国による若者の車からの引き剥がしというかのおかげで入場者数が減っているのだろうか。だからと言って、岡山国際サーキットの経営陣は税収確保のために消費税を大幅値上げしたら消費が冷え込んで期待したほど税収は上がらなかったことを知らないのだろうか。それとも煙草のようにクルマ中毒者は少々値上げされてもここへ走りに来るしかないんだろ?とか思っているのだろうか。もしそうなら、大阪から現実的に日帰りで行けるサーキットはセントラルサーキットや鈴鹿サーキットもあることを思い出した方が良い。鈴鹿は走行料金がとても高いが、岡山国際が変に値上げすると走行料金が上がっても鈴鹿でええやんってことになるかもよ?大阪からだと鈴鹿は名阪国道が使えるので道中の通行料が安くつくという参加者のメリットもあるわけだし。

ともかく、岡山国際サーキットを走ってきたので、2本目のベストラップでも。

前回からカメラをコンデジからPolaroid CUBEに変更している。CUBEはGoProみたいな使い方をするアクションカメラだが、GoProより安い。底面に強力な磁石が埋め込んであるので、特別なマウントが無くてもクルマのボディパネルなどに貼り付けて使うことも出来る。
この動画の場合は、車内で水平に貼り付けられる場所が無いので雲台に取り付けるマウントを使っている。

ベストラップは3本目で出たのだが、3本目はCUBEが64GBのカードを認識してくれなかったので、ドラレコの画像で。

CUBEの現行モデルなら認識するかもしれないが、昨年秋に現行だったモデルでは32GBまでしか認識しないようだ。
タイムは相変わらず1’56秒台で、55秒には入れなかった。カーブの曲がり方が自分なりに固定化されてしまって、同じようにしか走れなくなってしまっているのかもしれない。毎月のようにサーキットを走れれば良いが、そんなには給料を貰ってないしな…

ところで、2本目の走行前にピットロードで整列している時の放送で「1本目でホワイトラインカットしている人が見受けられたので注意してください」と言っているのに、目の前でホワイトラインカットしている人がいた。まだ誰も走っていない状況でのコースインだから良いと思ったのか、レースじゃないんだからなどと思っていたのか、他に何か思いがあったのか…とにかく不愉快なのでそういうルール無視はやめてもらいたい。



ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

Write a comment




*