PROFILE


スバル インプレッサGDA-F
2005年7月登録の新車。GDBに比べるとエンジンがショボかったりギアが5速しかなくて岡山国際なんかではあちこちで困ったりするけどそこそこのタイムは出る。
元々はこの車のブログとしてスタートしたが、今では主役の座を小鳥に譲っている

ポテコ
白文鳥のちまりと一緒に雛の状態で迎えたセキセイインコ。文鳥の鳴き声を聞く時間が長いせいか、文鳥のような鳴き方をする。性格はフレンドリーで、手乗り。

ミコミコ(2006-2013)
結婚する前から妻が飼っていた桜文鳥。妻が雛から育てたらしい。人にものすごくなついている手乗り文鳥。本名は「みこみこゴールデンサンダーバード1号」らしい。文鳥にサンダーバードもないと思うのだが、このドメインのmikomiko-gtbはここから来ている。

ちまり(2008-2015)
2008年10月下旬に雛で迎えた白文鳥。生まれたのは多分10月上旬。目つきが鋭く、なんとなくCSI:NYのマック・テイラーに似ている。ミコミコほどなついていないが、一応手乗り文鳥。



Site search

CALENDAR

2017年8月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

CATEGORIES

ARCHIVES

Links:

カー用品のご紹介

小鳥飼育用品のご紹介

スロットル開度センサ

1年ぐらい前の走行会から1本目の全開走行開始数週のみ出ていた「P0122スロットル開度センサA系回路」エラーだが、11月の走行会では1本目ずっと頻発していてまともに走れなかった。これが出ると回転が4,000rpmまでしか上がらなくなるので、スピードが出ないのだ。
2本目以降はこの不具合は出なかったが、1年前より酷くなっているのでそろそろ修理が必要なのだと思う。
で、修理と言ってもセンサがおかしいのかセンシングの対象がおかしいのかということになるが、センサだと材工込みで約16,000円。スロットルボディが終わってると部品だけで多分数万円(電子制御のじゃないからモーターが付いてるやつほど高くないと思う)。結局安い方から試していくみたいなことになるのだろうが、それだと次の走行会で不調が直っていないとエントリー料が無駄になる。でもスロットルボディやバタフライが10万kmやそこらで終わるとも思いにくいので、やっぱりセンサかな。
どちらにしてもGDインプレッサの場合、スロットル周りの修理となるとインタークーラーを取り外すので面倒だ。大掛かりな作業になるのでつい他のものもやりたくなって、たとえばインタークーラーをGDBのものに交換となると費用が莫大になるが、ブローオフぐらいなら…なんて思っちゃうわけだ。ブローオフをGDBのものに換えたところで何かが変わるということは無いのだけど。少なくとも岡山国際サーキットのタイムが0.1秒速くなるとかいうことは無いと思う。あくまで自己満足の世界だ。

スロットルと言えば、ビッグスロットルに興味を持っていたのだが、よく調べてみるとノーマルエンジンにはあまり意味が無いことがわかった。より多くの空気が必要となるような改造をすれば有効なようだが、ノーマルエンジンで導入したところでアクセルのレスポンスと引き換えにアイドル不調に陥るリスクもあったりと、あまり良いことは無い。アクセルレスポンスが欲しいだけならスロットルワイヤーの張りを強めにしてお茶を濁しても良いじゃないかということになる。GDAのアクセルは飾りではなく、ちゃんとスロットルと繋がっているので、その辺の調整は可能だ。電子スロットルの方が燃費が良いとかいろいろメリットがあるのだろうが、私はワイヤーで繋がってるクルマの方が好きだ。

ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

Write a comment




*