PROFILE


スバル インプレッサGDA-F
2005年7月登録の新車。GDBに比べるとエンジンがショボかったりギアが5速しかなくて岡山国際なんかではあちこちで困ったりするけどそこそこのタイムは出る。
元々はこの車のブログとしてスタートしたが、今では主役の座を小鳥に譲っている

ポテコ
白文鳥のちまりと一緒に雛の状態で迎えたセキセイインコ。文鳥の鳴き声を聞く時間が長いせいか、文鳥のような鳴き方をする。性格はフレンドリーで、手乗り。

ミコミコ(2006-2013)
結婚する前から妻が飼っていた桜文鳥。妻が雛から育てたらしい。人にものすごくなついている手乗り文鳥。本名は「みこみこゴールデンサンダーバード1号」らしい。文鳥にサンダーバードもないと思うのだが、このドメインのmikomiko-gtbはここから来ている。

ちまり(2008-2015)
2008年10月下旬に雛で迎えた白文鳥。生まれたのは多分10月上旬。目つきが鋭く、なんとなくCSI:NYのマック・テイラーに似ている。ミコミコほどなついていないが、一応手乗り文鳥。



Site search

CALENDAR

2017年10月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

CATEGORIES

ARCHIVES

Links:

カー用品のご紹介

小鳥飼育用品のご紹介

ダイレクトイグニッション

11年間乗っているインプレッサGDAだが、走行距離は少なくて、まだたったの98,000kmだ。買ったばかりの頃は年間2万km以上走っていたので、5年以上前から5千km程度しか走らなくなっているのだと思う。これで道路を酷使する緑ナンバーの4倍もの重税を課され、しかもクルマはあまり消耗しないのに13年乗れば環境負荷が高いなどと言い掛かりを付けられてその重税が超重税になるのだ。まったく馬鹿げている。
環境負荷が高いかどうかは走行距離に比例する話だ。昭和のアメ車に乗っていても年間数千kmの走行なら環境負荷など微々たるものだが、プリウスで年間3万km走れば環境負荷はとても高い。郊外で通勤に使えば年間3万kmなんて珍しくはないと思う。実際私が奈良に住んで東大阪に自動車通勤していた頃は年間25,000kmだ。近郊でこうなるのだから、郊外では距離は伸びる。ただ、郊外は道路が近郊や都市部に比べて混雑しないので、同じクルマでも距離あたりの環境負荷は低いかもしれない。
休日のアメ車と通勤プリウスの例など挙げるまでも無く、クルマの使い方など人それぞれだ。クルマの入手方法だって解体屋からタダで貰ってきたようなのを自力で直して使っている人もいれば、ディーラーの言い値で買った新車のスーパーカーという人もいる。それらを排気量と重量だけで同じ担税力があるというのだから、官僚の頭の中はどうなっているのかと思う。いい大学を出た頭の良い人の集まりだという割にはプア過ぎやしませんかね。
とりあえず燃料で走るクルマに関しては燃料課税で一本化すれば平等になる。でかいクルマや旧車でも休日にちょっとだけ乗るなら微税だし、エコカーを毎月数千km乗れば重税になる。それで良いでは無いかと思う。
日本のこの手の税金は、「こういうものを持っているとこれぐらいの金を払ってこういう使い方をするに違いない」という現実離れした根拠で担税力を見出す。わかりやすいのが住宅で、システムキッチンの幅や外壁の開口部の大きさを念入りに計測する。なんでも、幅の広いシステムキッチンだとたくさん料理して水道などのインフラに負荷を掛けるとか、でかい開口部は巨大で贅沢な家具を搬入できるからだそうだ。しかし、実際に生活を始めればあまり料理をしないかもしれないし、でかい家具などいまどき流行らない。贅沢をすればその時消費税をたっぷり払うんだから、そっちの税率を何とかすれば良いと思う。最低限の生活をするのに必要な金額への消費税を定額減税すれば低所得の人も困らない。何故それが出来ないのか。今のおかしい税制でいったい誰が得をしているのか。

話が大きく逸れてしまったが、イグニッションコイルである。
これが10万kmやそこらで寿命が来て走れなくなったなんて話は聞いたことがないが、美味しいところは終わってるんじゃないかと思い、好感することにした。
img_3003 イグニッションコイルは純正でも高価な部品なので、何やら改造が施されたものを付けることにした。1つあたりにすると純正より5~6千円ぐらい高いのだが、何か嬉しい効果があったらいいなということで。

で、取り付けて何が変わったかというと、何も変わらないのである。(泣)
子供を乗せて少し出かけただけなので、サーキットで全開走行となると何かが変わるのかもしれない。

ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

Write a comment




*