PROFILE


スバル インプレッサGDA-F
2005年7月登録の新車。GDBに比べるとエンジンがショボかったりギアが5速しかなくて岡山国際なんかではあちこちで困ったりするけどそこそこのタイムは出る。
元々はこの車のブログとしてスタートしたが、今では主役の座を小鳥に譲っている

ポテコ
白文鳥のちまりと一緒に雛の状態で迎えたセキセイインコ。文鳥の鳴き声を聞く時間が長いせいか、文鳥のような鳴き方をする。性格はフレンドリーで、手乗り。

ミコミコ(2006-2013)
結婚する前から妻が飼っていた桜文鳥。妻が雛から育てたらしい。人にものすごくなついている手乗り文鳥。本名は「みこみこゴールデンサンダーバード1号」らしい。文鳥にサンダーバードもないと思うのだが、このドメインのmikomiko-gtbはここから来ている。

ちまり(2008-2015)
2008年10月下旬に雛で迎えた白文鳥。生まれたのは多分10月上旬。目つきが鋭く、なんとなくCSI:NYのマック・テイラーに似ている。ミコミコほどなついていないが、一応手乗り文鳥。



Site search

CALENDAR

2018年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

CATEGORIES

ARCHIVES

Links:

カー用品のご紹介

小鳥飼育用品のご紹介

久しぶりにドライだったけどタイムが変わらない…

岡山国際サーキットで開催されたオートプロデュース エースリー走行会に参加していた。
この走行会は毎年2回開催されるが、前回とその前は残念ながらウェット。今回も気象情報では午前中の降水確率が10%、午後は70%に跳ね上がるというものだったが、有難い事に3本ともドライで走ることが出来た。後片付けの途中で降り出すというタイミングだったので、オイル処理とかで走行時間が押してしまうと危ないところだった。

ただ、残念なこともある。
岡山国際サーキットはレースイベントなどが無くても入場料が必要なのだが、大人が600円だったのが今年の1月から1,000円に大幅値上げされたのである。これは酷い。
JAF会員証やイオンカードの提示で100円の割引を受けることが出来るが、ここまでの大幅値上げというのは何なんだろうね。車離れというか国による若者の車からの引き剥がしというかのおかげで入場者数が減っているのだろうか。だからと言って、岡山国際サーキットの経営陣は税収確保のために消費税を大幅値上げしたら消費が冷え込んで期待したほど税収は上がらなかったことを知らないのだろうか。それとも煙草のようにクルマ中毒者は少々値上げされてもここへ走りに来るしかないんだろ?とか思っているのだろうか。もしそうなら、大阪から現実的に日帰りで行けるサーキットはセントラルサーキットや鈴鹿サーキットもあることを思い出した方が良い。鈴鹿は走行料金がとても高いが、岡山国際が変に値上げすると走行料金が上がっても鈴鹿でええやんってことになるかもよ?大阪からだと鈴鹿は名阪国道が使えるので道中の通行料が安くつくという参加者のメリットもあるわけだし。

ともかく、岡山国際サーキットを走ってきたので、2本目のベストラップでも。

前回からカメラをコンデジからPolaroid CUBEに変更している。CUBEはGoProみたいな使い方をするアクションカメラだが、GoProより安い。底面に強力な磁石が埋め込んであるので、特別なマウントが無くてもクルマのボディパネルなどに貼り付けて使うことも出来る。
この動画の場合は、車内で水平に貼り付けられる場所が無いので雲台に取り付けるマウントを使っている。

ベストラップは3本目で出たのだが、3本目はCUBEが64GBのカードを認識してくれなかったので、ドラレコの画像で。

CUBEの現行モデルなら認識するかもしれないが、昨年秋に現行だったモデルでは32GBまでしか認識しないようだ。
タイムは相変わらず1’56秒台で、55秒には入れなかった。カーブの曲がり方が自分なりに固定化されてしまって、同じようにしか走れなくなってしまっているのかもしれない。毎月のようにサーキットを走れれば良いが、そんなには給料を貰ってないしな…

ところで、2本目の走行前にピットロードで整列している時の放送で「1本目でホワイトラインカットしている人が見受けられたので注意してください」と言っているのに、目の前でホワイトラインカットしている人がいた。まだ誰も走っていない状況でのコースインだから良いと思ったのか、レースじゃないんだからなどと思っていたのか、他に何か思いがあったのか…とにかく不愉快なのでそういうルール無視はやめてもらいたい。



ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

通販でギヤオイルが選びにくい件

走行会の日が近付いているので、例によってオイル交換3点セットをやっていた。
まずはエンジンオイル。
IMG_1501 最近連続で使っていたモービルの5W50ではなく、エルフの10W55だ。水平対抗に向いているとか何とか書かれているが、根拠は不明だ。最近でもそういうことを言う人がいるのかは不明だが、私がレガシィRSKに乗っていた頃はよく「水平対抗はシリンダが横向きなのでオイルが下に寄るからオイルを選ぶ」とか意味不明なことが言われていたが、嘘である。ちょっと考えればわかることだが、それなら直列はすっかり枯渇するのか?V型ぐらい傾いているのはどうなんだ?そもそも直列だってシリンダが地面に対して垂直なわけじゃないぞ?と、いろいろ疑問は湧くわけで、実際のところは自分の買ったクルマのエンジンが特別なものだと思いたい人の心理に付け込んだオイルメーカーの宣伝文句だったり、思い込みたい本人の幻想だったりするわけで、ピストンが動くスピードなんかを考えると他のエンジンと何も変わらない。結局はガンガン回すので高い粘度番号のものを使わないと拙いことになるというだけの話だ。
じゃあ何でわざわざ水平対抗云々などと謳っているものを買ったのかといえば、Amazonで安かったからである。他に理由は無い。

IMG_1502 これはギアボックスに使うものだ。
75W90なら何でも良いのだろうが、オメガ690を入れると明らかにフィーリングが良くなることから、自分の財布が許す限り高いものを買った方が良いのは間違い無さそうだ。

IMG_1503 これはデフに使うオイルだ。
エンジンとギアボックスは箱買いだが、これだけ割高な単品だ。デフは1回の交換で800ccあれば良いので、箱で買うと無駄に在庫を抱えることになる。大量に在庫していてもいつかは無くなるのだが、半年に1度しか交換しないので6缶入りでも3年掛かってしまう。さすがにそれは嫌なので、1缶だけ買ったのである。
前回使ったTOTALのものは嫌いじゃなかったけど、今回選ばなかったのは、ペールや1lx20缶入りのようないくらなんでも…といった単位でしか売られていなかったからだ。
デフオイルはケチると効きが悪かったりするので、あまり安物は使えない。かと言ってあまり大きい単位で買うと一度に払う金額がものすごいことになるし、置き場に困る。

近年はギアオイルを買うたびに前回使った銘柄と同じものを買えなくて困っているような気がする。エンジンオイルの状況はまだマシなのだが、ギアオイルは前回使っていたものがペールでしか扱わなくなっていたり、とんでもない数の入り数でのケース売りのみなんてことになっていたりして、小さい単位でも安く買えるあまり安物ではないものを探すのが大変になっている印象だ。
ギアオイルを通販で買って自分で交換する人が減ってるのかも。




ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

しばらく何も書かなかったけど…

しばらく何も書かなかったが、子育てが忙しかったり仕事が忙しかったりで、べつに安倍や信者に脅されたとか微罪逮捕で釈放のたびに別件で引っ張られたとか、そういうことではない。ネットでの批判に敏感な安倍政権だってさすがに多くてせいぜい40PV/日程度のブログまで相手にはしないだろう。まあ、その少ないPVが忙しさの中ブログの優先度を上げられない理由と言えばそうなのだが、さすがに暴走気味の安倍政権にはそろそろご退場いただかないと、本気で危険な気がする。

私の子供はまだ2歳なのだが、私は常にこの国にしがみ付くことがどれだけ馬鹿らしいかを説いている。そして、与える絵本はなるべく海外でも売られているようなものを選んでいる。日本語訳されていない洋書をそのまま与えることもある。幼児向けの絵本に書かれている英語ぐらい読めないと駄目だろ。それとも、文部科学省は意図してそれすら出来ない英語を6年間も教育したのかい?
とにかく、外人の視点で描かれた絵を見慣れていれば、日本人の「普通」とやらの呪縛に囚われない人になるんじゃないかと期待してそういうことをやっている。
3歳ぐらいから先にどうすべきなのかはまだ考え中だ。

mixiなどで安倍信者や官僚側の人間は二言目には「嫌なら日本から出て行け」と言う。私はそうする勇気がないが、子供には「じゃあサヨナラ」と他府県に移住する気軽さで移住先選択に海外が入ってくるような人になって欲しいと思っている。
今程度なら私自身は日本で今まで通りの生活を続けるが、戦前のようになってきたら財産をすべて換金して海外に逃げるつもりだ。たとえばシリアの難民をただ豊かさだけを求める経済難民と区別できない人が多いが、あの人たちの殆どは私と同じように普通に生活していた人たちだ。命の危険にさらされるので、仕方なく私財を全て換金して逃げているのである。でなければ、ブローカーに払う金などあるわけがない。ちょっと考えればわかることだ。
安倍や官僚たちにとって、私のような労働者や将来の養分に日本から逃げられるのは最も痛いのである。それをされたくないがために、日本の英語教育は大卒でもセサミストリートを見て何を言っているのかわからない程度の英語力しか身に付かないのではないかと思う。意識して個人的に勉強しない限り、学校の英語だけではその程度だ。特にこれからは高3が参政権を持つようなので、彼らに海外の新聞などを不自由なく読まれたり、BBCなどによる日本関係のニュースをYouTubeなんかで見られるのはとても都合が悪いだろう。何せ、せっかく日本のメディアへの恫喝が成功して国内のマスコミが萎縮しているというのに、海外の人が日本をどう見ているのかとか、アホノミクスの失敗などがばれてしまう。

ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

税制がいろいろ問題あってボーナス出てもぜんぜん喜べませんね

なんだかわからないが、大作党が推す軽減税率って要するにデパートや成城石井で高い食べ物を買う富裕層は、業務スーパーやスーパー玉出でゴミみたいな食品を買わざるを得ない貧困層よりたっぷり減税されるということでしょ?
たとえば、同じ家族構成の富裕層と貧困層がいたとして、ある日富裕層は1万円分の蟹とその他鍋材料を、貧困層は500円分の中国産食品をそれぞれ家族の1食分として購入したとすると、富裕層は800円、貧困層は40円の消費税を払うことになるのだが、10%からの減税額は富裕層が200円、貧困層は10円で、190円も余分に減税されるのである。大変不公平という他はない。
もしかして、大作教の人たちには富裕層が多いのか?
これを是正するのは、定額減税で片が付く。
たとえば日本で1年間暮らす標準的な衣食住の合計が200万円とすると、その消費税は10%で20万円だ。これを8%に抑えるなら、4万円を先払いで返せば良い。事務作業が面倒なので、もう富裕層も貧困層も全てである。本当は最低限の生活から消費税を撤廃した方が良いので、そっくり20万円を返した方が良いのだが、その辺は別の話だ。
そのための財源は?ということになるだろうが、その分を見込んだ消費税率にすれば良いだけのことである。10%とケチなことを言わずに15%にするとかね。返す分は200万円のケースだと14万円(消費税全額だと30万円)になるが、最低限以上の生活水準の世帯からは200万円を越えた消費に対して15%の消費税を取れる。その辺のバランスで必要な消費税額が取れるように税率を調整すれば、貧困層に迷惑を掛けずに増税ができるのである。
細かいことを言えば、ホームレスのように減税する先がわからないような世帯(?)はどうするの?とかあるが、細かいことは偉い人がつめれば良いだろう。
とにかく、庶民に迷惑を掛けずに贅沢に対してのみ効率的に増税する方法はあるのであり、それで面白くないのは富裕層だけであるということだ。自民も創価も同じ考えというわけだ。

自動車関連でもエコカー減税絡みでおかしなことになっている。
前のモデルより著しく低公害にできた車種は大幅減税らしいのだが、対象にランクルのような巨大なクルマまで入っている。言うまでも無いことだが、ランクルが私のWRXより燃費が良くなることなど無い。排気量も車重も大きいのだから当然の事で、同じように私のWRXがリッターカーのNA車より燃費が良くなることも無い。ランクルとWRXのケースと同じ理由からだ。
エコに対して税金を調整したいなら、絶対的なエコでやる以外に無くて、その方法はある。燃料課税への一本化だ。

    ・でかいクルマでも平日は車庫のオブジェと化しているような場合は低公害なので微税
    ・最新技術で作られたエコカーでもたくさん走れば高公害なので重税
    ・最新技術で作られたエコカーで休日にちょっと使うだけなら超微税
といった公平な課税が可能だ。
mixiに書くと自動車関連税はそれぞれ課税根拠が違うので無理などと噛み付いてきた人がいるが、現在の自動車の所有の前提そのものが自動車税や重量税ができた頃と全く異なるので、そろそろリセットが必要な時期だと思われる。
自動車税や重量税ができた頃は、自家用車を持つのは一部の富裕層だけで、しかも道路はまだ国道1号線のような日本の大動脈ですら未舗装の区間が殆どといった状況で、クルマを買える富裕層にちょっと無理してお金出してくださいというのは正しいことだったのは間違いない。しかし、現在はそうでもない。クルマの入手一つにしても、アルバイト店員の給料1か月分もしない金額で買える中古車だってあり、鉄道やバスの整備を諦めた地区に住むどうしてもクルマが必要な人はそういった安く売られている中古車を買う。そういったケースと都心で高級車の新車を乗り回す人に対して排気量と重量だけで同じ課税をしても良いわけがない。担税力を見出すのにそのクルマの排気量と重量は全く根拠にならない。財務省の官僚には1,499ccのクルマを持つ人と1,600ccのクルマを持つ人の担税力の違いを説明できるのか?ちなみに想定しているのは2011年式のインプレッサ1.5と同年フルモデルチェンジ後のインプレッサ1.6である。販売価格は勿論そんなに変わらない。買った時期以外には違いがないといってもほぼ間違いない。
取った税金の配分先がそれぞれ違うということならご心配なく。燃料課税への一本化の時に現在と同じぐらいの額を取れるような課税をして、さらに現在の割合を変えずに配分すれば良いだけの話である。
それで困るのは、一般人では税金の安さだけで軽自動車を買った人ぐらいだろう。そういった人も税金のために衝突安全性が欧米では売らせてもらえないレベルで犠牲になっている車種を選ぶ必要がなくなるわけだ。そして、たいていの人は燃料の年間消費量そのものが少ないので、燃料課税が倍になったところでたいして変わらない。
そして、最も困るのは緑ナンバーのクルマである。自動車税も重量税もサンデードライバーを舐めてるのかと思うぐらい微税になっているのだが、それで上げた利益は企業荷主への廉売や交通安全協会へのお布施に消えていくだけで、一般人が宅配便を使えば料金は高いし、タクシーやバスの料金だって安くはない。緑ナンバーへの不当な微税とサンデードライバーへの不当な重税に我慢したところで何のメリットも無いのである。すぐに変えさせるべきだが、自民や創価にそれは無理だろう。

なんだかもう、お先真っ暗な日本である。

ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

タカにタカは良くない

仕事帰りの駅にある売店で並んでいたら、列が階段を利用したい人の動線に掛かっていたらしく、男性が私を睨み付けて舌打ちをしている。どうやら私が立っている場所を通ることにしたらしい。私が1歩下がって通すと攻撃的な態度を取りながら通ったのを見送っていると、見られたのが気に入らないのか、「何や」などと因縁を。
たいていのサラリーマンはそうだと思うが、それぐらいでいちいちビビッていると仕事にならないわけで、私だって例外ではない。SEは結構面倒臭い人を相手にすることが多く、私はただ「いい歳した人がなんだかギャグみたいな振る舞いを…」ぐらいに思い、ウンザリしたような表情で「用は無いよ」と回答。それが気に入らなかったらしく、さらに「何や」と言いながら近付いてくる。私がその男性に用が無いのは事実なので、「用は無いので行っていいですよ」と言うが、どうして欲しいのか、さらに「何や」と質問してくる。
しばらくそんなことが続くと、今度は「通られへんやないか」と吠えているのだが、「通りましたやん。そのままホームへどうぞ。まだ何か?」と言うが、まだ何か用があるらしい。相変わらず吠えている。

結局その男性は指を北斗の拳の真似をするように指を鳴らして輪つぃに迫るが、私が動じずに相変わらずウンザリした顔で「失せろ」と何度か言っていると、「お前はアホや」と捨て台詞を残してホームへ消えて行った。
おそらく私に手を出させて示談金をふんだくろうという類のものだと思うが、その手に乗らないとわかったので諦めたのだろう。日本ではいかにも暴力を振るうと見せかけて恫喝するところまでは合法だが、先に手を出すと有罪だ。恫喝されたからと言って間違っても自分から手を出すようなことをしてはならない。勿論、外国だとたいていの国ではそのようなそぶりを見せて恫喝すれば撃ち殺されても文句は言えないのだが、ここは日本だ。それに、今回の舞台となった大きな駅だとたくさんのカメラが取り付けられているので、暴力事件を起こして逃げ切れるものではない。そのことは男性も承知の上だと思う。なので、私に暴力を振るいたかったのではなく、暴行を受ける可能性に怯えた私がつい先制攻撃をしてしまうということを狙ったと考えるのが妥当だ。

しかしながら、今思えば私も対応を誤っていた。男性が恫喝を始める前に申し訳なさそうな顔でもしてなだめてやればよかったのである。そうしたところで相手の目的は喧嘩であるから目的は達成できないし、私にしたって何も失うことは無い。私がなだめる目的で折れていることは周囲にもわかるだろうから、かえって私のイメージは良くなったし、喧嘩腰の態度を取った男性は恥をかくだけでマイナスだ。男性に対して2歩リードできるところ、二人ともマイナスという残念な結果になったのである。タカに対してタカで応じた私もまた、格好の良いものではなかったので、男性と同じくマイナスなのである。

私の取った行動は、ネトウヨが喜ぶ安倍政権の行動と同じである。中国が軍事的に拡大路線を進めれば、戦争法や平和憲法の停止で応じるし、ユネスコが南京虐殺事件を歴史遺産に登録したらユネスコへの金をストップすると脅したばかりか、虐殺事件そのものが無かったと歴史の修正を企んだりする(歴史修正は失敗して国際的に笑い者になってしまった)。
勿論、中国の軍拡や南京虐殺の被害を盛ったことは良くないことで、日本政府も何らかの対応が必要なのは間違いないが、相手が喜ぶ手を使うことは最も愚かである。
たとえば、南京の件の場合は登録を決定するキーマンがユネスコのトップになる予定の人物ではあるが、常任理事国が拒否権を発動すると駄目という背景があった。要するに、中国に拒否権を使ってほしくないがために中国の出したものを丸飲みする形で登録してしまったのである。要するに、登録に向けて動いている時の外務省あたりの怠慢が招いたことであり、登録が成功したらアメリカあたりに拒否権を使ってもらうぞぐらいのことをしておけば良かったのである。アメリカが無理ならフランスあたりに戦闘機をアメリカじゃなくそっちから買うみたいな話を持ちかけて味方につけてもいいだろうし、いろいろやりようはあっただろう。なのに、中国のタカに対して目に見えるタカの態度で対応するのだから、国民としては恥ずかしいというか何というか…

中国がしきりに求めてくる戦後賠償についても、すれば良いと思う。ただし、共産党と交渉するつもりが無いことは大々的にアピールするべきである。賠償はあくまで実際に被害を受けた人に対して行なうのである。そうしなければ、共産党が日本から金を取ってきてやったということになり、被害者は日本が払ったとは思わないだろう。それでは駄目だ。
日本政府が「賠償するから被害者のリストをくれ」と言ったところで中国は拒否するだろうから、実際には日本が1銭も払うことは無い。ただ、反省しているので払いたいと国際的にアピールし、実際に払えないのは中国共産党のせいだということにすればいいのである。中国の人民だって、日本から金が貰えるところ共産党のせいで貰えないと、不満が高まるのである。是非賠償したい、ただし…と、ハトの態度でもしっかり中国共産党を攻撃することが出来るのである。

なんかね、今回のトラブルでは自分が安倍と同じになったみたいで猛省しているのである。

ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ